住宅のリフォームの

相場とは?

住宅のリフォームの相場について知っておこう!

?住宅のリフォームの相場とは?

現在、住んでいる住宅のリフォームを考えている方は多いと思います。新築で購入してある程度年月が経ち、老朽化が目立ってきた方、また築年数の経過した住宅を購入してリフォームしたい方。他にも、部分的に老朽化が進んでいるので、玄関や水周りなどをリフォームしたい方。リフォームの範囲によって料金が変動します。例えば、住宅のフルリフォームをする場合は、1,000万以上はかかると見ていいでしょう。全面的なリフォームの場合は、それなりの費用がかかります。相場は住宅事情によって変わってきますが、1,000万前後程度と覚えておきましょう。もちろん、素材やデザインなどにこだわる場合は、これ以上に費用が発生します。その点は、実際に見積もりを行う際に提示されるので確認しておくといいでしょう。

また、どのようなリフォームをしたいか理想があれば、いくらかかるのか計算しておくことをおすすめします。部分リフォームの場合もフルリフォームと同じく、相場が変動します。部分的な場合は、どの部分をリフォームをするかによって料金が変わります。例えば、屋根や外壁、玄関ドアなど外観のリフォーム、または水周り、フローリングなどの内装のリフォームで料金が変わります。こちらは、相場的には10万から100万程度だと覚えておきましょう。

リフォームする前に知っておきたいこと

?リフォームに関する知識

これからリフォームをする方は、リフォームのメンテナンスについて知っておきましょう。リフォームは一回行っただけで、終わりではありません。住宅は、時間が経つほど老朽化していきます。できるだけ、新築の状態をキープしたいなら定期的にメンテナンスする必要があります。リフォームにはある程度の費用がかかってしまいます。適切なメンテナンスの時期にリフォームを渋ってしまうと、後々多額の費用がかかる可能性も出てくるので注意が必要です。メンテナンス時期は、リフォームする箇所によって異なります。メンテナンスの頻度は基本的に10年単位と考えておきましょう。早いものだと5年程度でメンテナンスが必要になります。

メンテナンスを意識してリフォームすることで、思わぬ費用がかからずに済みます。少しでも、老朽化が気になる点があれば、部分リフォームで補強していきましょう。こうすることで、新築に近い状態を保つことができます。住宅の価値を落とさないようにするためにも、定期的なメンテナンスを欠かさずに行いましょう。リフォームする前にメンテナンスについて、しっかりと把握しておいてください。