戸建てとマンションの

リフォーム費用は違う?

戸建てとマンションのリフォーム費用は違う?

?戸建てのリフォーム費用は?

戸建ての場合、マンションに比べてリフォーム費用が高くなる可能性があります。リフォームにかかる費用は、リフォームする範囲によって異なります。戸建ての場合、内装のリフォームはもちろん、外観もリフォームする場合は費用が高くなるケースがあります。内装の場合は、部分的にリフォームするなら費用はそこまでかかりません。フローリングや壁紙など全面的なリフォームの場合は、だいたい200万から1,000万程度かかります。リフォーム会社によって変動するので、中には100万程度でできる場合もあります。そして、戸建ての場合は部屋数によっても異なります。2階建て、3階建てによっても費用が変わるので見積もり段階で確認しましょう。

そして、外観のリフォームの場合も、リフォーム会社によりますが、200万から1,000万程度かかると考えていいでしょう。外観と内装を同時にリフォームする場合は、それなりの費用がかかることを覚えておいてください。また、内装をフルリフォームする場合の注意点があります。部分的なリフォームの場合は、ご自宅に住んだ状態でリフォーム可能です。しかし、内装のフルリフォームの場合は、リフォーム費用の他に仮住まいの費用が必要になる可能性があります。リフォームと考えるとリフォーム費用のみに目がいきがちですが、こうした費用のことも考えて計画を練りましょう。

マンションの費用を知っておこう!

?マンションのリフォーム費用は?

続いては、マンションのリフォーム費用についてです。戸建てに比べてマンションの場合は、リフォーム費用がかからないです。もちろん、マンションの部屋数や平米数にもよります。ケースによっては、戸建てよりも費用がかかる場合もあるので、気をつけておきましょう。マンションのリフォームの場合、500万前後で収まる場合が多いです。戸建てに比べると費用的には安く済みます。マンションの場合は、共用部分である外壁をリフォームすることはできません。そのため、内装に費用をかけることができます。戸建てに比べてマンション気をつけなければいけないのが、共用部分についてです。

マンションの場合、共用部分があるのでリフォームできない箇所があります。基本的にマンションのリフォームについては管理組合に尋ねてみましょう。どこまでリフォームできるかによって費用も変わってきます。見積もり段階で、どれだけリフォームできるか、そして費用について計算しておきましょう。また、戸建てと同じようにリフォームの範囲によって仮住まいが必要な可能性があります。こちらの費用も念頭に入れてリフォームを行いましょう。