戸建て・マンションを

リフォームする場合の注意点は?

戸建てをリフォームする場合の注意点は?

?戸建ての注意点

戸建てをリフォームする場合の注意点があります。戸建てはマンションに比べるとリフォームできる自由度が高いです。どんなリフォームにしようか楽しみながら考えている人も多いでしょう。しかし、戸建てのリフォームが思うようにいかない場合があります。例えば、ある程度築年数が経過した戸建ての場合、リフォームの種類によってはできない可能性があります。土台の腐食が進行していたり、柱がシロアリに食われていたりすれば補強工事から始める必要があります。それらをしないまま、リフォームすることはできません。土台から工事してしまうと仮住まいが必要になる工事となるので、工期や費用がかさみます。また、増築する場合も建築基準法に触れてできない場合もあります。それなりの築年数である程度のリフォームをする場合は注意が必要です。全面的な工事になれば新築を建てるのと変わらないことになってしまいます。

まずは、お持ちの戸建てがどのような状態になっているのか確認しておくといいでしょう。場合によっては、特に問題なくリフォームに着手できる場合があります。新築や築浅の戸建てをお持ちの方は問題なくリフォームができますが、築年数が経過している場合は状態の確認からおすすめします。

マンションをリフォームする場合の注意点は?

?マンションの注意点

マンションのリフォームは戸建てよりも制限が多いです。戸建ての場合は、私有地なのである程度自由にリフォームできます。マンションは購入していても、専有部分が決まっています。例えば、専有部分は水周りが多いです。他にもドアや窓の位置を変えることは難しいです。この部分に関してはリフォームできないので、戸建てよりも自由度が劣ることになります。また、リフォームする場合は管理組合の届け出が必須になります。着工前に必ず届ける必要があるので、前もってリフォームの計画を建てる必要があるのです。マンションはリフォーム範囲に制限があるので、注意しましょう。

基本的には、内装や水周りなどのリフォームが中心となります。それぞれ、どこまでリフォームできるのか?リフォーム会社と相談しながら範囲を決めておきましょう。そして感じなのは周りの騒音対策です。マンションの場合、部屋同士が隣接しているので騒音に気をつけなければいけません。リフォームで騒音がある場合は、あらかじめご近所に騒音の旨を伝えておきましょう。騒音問題はマンションにとって非常に重要です。隣人トラブルの元になるので、リフォームする際は気をつけて下さい。このような点に注意してマンションをリフォームしましょう。