トイレ・浴槽のリフォーム費用は

どれくらいかかるの?

トイレのリフォーム費用はどれくらいかかるの?

?トイレのリフォーム費用は?

トイレをリフォームしたいという方は多いです。日常的に利用する頻度の高い場所なので、リフォームで快適な空間にしたいという要望は強いです。そんな、トイレのリフォーム費用は範囲によって異なります。例えば、トイレの一部を交換する場合と、便器自体を交換する場合で費用が変わります。トイレの内装も変えるなら、さらに費用がかかります。トイレの一部を交換する場合は、ほとんどが便座の交換になります。便座を変えることで、脱臭や暖房さらにウォッシュレット機能をつけることが可能です。便座の種類にもよりますが、概ね10万円以下でリフォーム可能です。現在、お住いのトイレに機能を追加したい場合は、部分的なリフォームを行いましょう。

そして、トイレを全体的にリフォームするなら50万円ほど費用がかかります。便器の交換と簡単な内装工事(床や壁紙の張り替え)などであれば20~30万円からリフォームできます。タンクレス型などの最新型の便器にする場合は、近くに手洗いが必要です。この場合は50万前後の費用を考えておくといいでしょう。また、和式から洋式に変える場合も50万以上かかることを見込んでおいてください。ご自宅のトイレの環境によってできることが限られてきます。リフォーム会社に依頼する際に見積もりを出してくれるので、詳しい費用はこちらで確認しましょう。

浴槽のリフォーム費用はどれくらいかかるの?

?浴槽のリフォーム費用は?

続いては、浴室のリフォームについてです。浴室のリフォームもトイレと同じく部分的か全体的かによって費用が変わります。そのため、費用も上限と下限に差があります。まずは、浴室のどの部分をリフォームしたいか考えてリフォームしましょう。全体的に経年劣化している場合は、劣化のひどい部分をリフォームするより、少し費用をかけてでも全体的リフォームしたほうがいいです。全体的なリフォームなら一回の工事で終わることができます。工事費用の削減にもつながるので、経年劣化の場合は全体をおすすめします。さっそく、部分リフォームの場合の相場を紹介します。例えば、蛇口だけの交換の場合は5万前後、浴室暖房などをつける場合は20万前後がかかります。そして、浴槽のリフォームの場合は、素材によりますが50万前後で可能です。このように部分的なリフォームでは、100万円以下でリフォーム可能です。

全体的なリフォームの場合、例えばユニットバスの取り替えや、ユニットバスへの変更の場合100万以上かかると考えてください。ユニットバスの素材、大きさ、機能などによっても大きく費用が変動します。また、ユニットバスの取り付けなどには工期がかかります。その間は浴室の利用ができなくなるので、この点も考えてリフォームを依頼してください。ユニットバスのサイズによっては、浴室を広げる工事が必要になる場合もあります。この辺りはリフォーム会社と相談しながら見積もりを出して、工期を考えてリフォーム時期を決めましょう。